30代男性:体重をかけられないくらいの足の裏の痛みが改善

来店動機

2日前にランニングをしていたら、突然痛みが出た。

ランニングを中止して家に帰って、様子を見ていたが、全く痛みが治まらず、

自宅の近くにある治療院を検索して来店。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

 

特に思い当たる事はなく、いつも通りランニングをしていた。

最近は時間が出来たので、長く走っていた事が原因か?との事。

どのような時に痛みが出るか

歩くと痛い。

また、体重をかけても痛みが出るため不自然な歩き方になってしまう。

 

身体所見と治療、経過

初回施術

歩行時の痛みが特にひどく、右足に体重をかけると痛む。

その為、自然には歩けていない。

また、立ち仕事の為、基本的には立ちっぱなしだが、一時間以上立っていると痛くなってくるので、休みながら仕事をしているとの事。

そもそもの原因として、身体の左右差によるものだと思われるが、

一旦、局所の施術で。との事で、

症状別コースでの施術に。

足の裏からふくらはぎにかけての処置を行い、その後、アイスマッサージ。

最後にテーピングをし終了。

歩行時の痛みが軽減し、まっすぐに歩く事が出来た。

早く治したいとの事で、最低でも週に二回は来ていただけるよう伝えた。

二回目施術(2日後)

痛みを表すペインスケールは10から4に軽減。

痛みは減っているが、違和感が強く残るとの事。

施術は、前回同様で行った。

四回目施術(初回から一週間後)

前回、痛みがだいぶ軽くなり、

ちょっと走ってもいいか?

との事だったので、ペインスケールが2か1くらいだったら、

様子を見ながらやってみましょうか。と提案をした。

先日一度走ってみたが、走ると痛みがでてきてまだ無理そうとの事。

ランニングは、痛み・違和感がなくなるまで中止。

六回目施術(初回から二週間後)

基本的な処置は変えず、

テーピングの方法を変え、処置。

以前までとの違いを意識してもらい、次回確認。

八回目施術(初回から三週間後)

約三週間の間、週に二回のペースを守っていただき、来店。

痛み・違和感共に無くなった。

歩行時の左右差、バランスも問題なさそうなので、

ランニングを再開してみる。

まずはゆっくり短い距離から。

 

十回目施術

 

ランニングも、痛みが出る前とほぼ同じ時間走れるようになった。

もちろん日常生活での痛み・違和感は無し。

ご自宅でのケアの仕方。

また、ある程度自分でもバランスを整えれるように、エクササイズを指導させてもらった。

本人の目標である痛みを取る事、が達成できたので、今回で終了。

 

 

お客様のコメント

急に痛くなって、

歩けなくなってびっくりしました。

なにせ、仕事中にたってられないんだから、本当に困りました。

普段通りの生活の素晴らしさを実感していますね笑

これからは教えて頂いたケアをしっかりして、

ずっと趣味であるランニングが続けられるようにしていきたいです。

担当者のコメント

痛みがなくなって本当に良かったです。

ただ、根本の原因である、歪みや左右差まで施術が出来なかった事が、一つ不安材料ではあります。

今後はしっかりとセルフケアをしていただいて、痛みが出ないようにしてくださいね!

違和感でも放っておかずに、

何かありましたらいつでもご来店、ご相談下さい。

外反母趾について詳しくはこちら

外反母趾

この記事に関する関連記事